女の人

女性に人気の医療事務講座で学ぶ|病院で働こう

患者と病院のかけ渡し

男女

病院には、医師や看護師など直接治療に関わる人の他、患者や家族の相談を受ける医療ソーシャルワーカー資格を持つ人がいます。国家資格などではありませんが、社会福祉士の資格を持っている人が採用されやすくなります。

社会人の再入学のメリット

男女

安定した雇用と収入を求めて医療系の専門学校に再入学する社会人やフリーターの人は少なくありません。厚生労働省が指定した講座のある専門学校で学べば学費の心配をすることなく学ぶことが可能です。また、専門学校は大学よりもきめ細かい就職支援をしてくれる所が多いです。

女性にピッタリ

ウーマン

日本の病院数は、世界に比べても多いと言われています。質の高さも世界でトップの水準で、私たちはおおいに恩恵を受けて生活をしています。しかし、気になるのは人員の確保です。医師や看護師はもちろんですが、医療事務の人員も足りていないと言われています。医療事務職が足りなくなれば、入院や外来の診療報酬の計算が出来なくなります。計算が出来なくなれば待ち時間が長くなり、迷惑をかけてしまうことがなります。ただ、見方を変えればチャンスになるのです。医療事務講座を受ける若者が増えていますし、就職や転職にチャンスが広がっています。医療事務講座を受けた方の多くが、社会で戦力として活躍しています。しかし、医療事務講座を行なっている学校は沢山あります。そのため通う際には、目的に合った場所を選ぶことが大切です。現在ではネットのポータルサイトを使って数多くの情報を集めることができます。また、口コミサイトなども参考にすることができるため、上手く活用させて適した学校を選びましょう。

医療事務講座で最も大切なことは、レセプトと言われる作業です。診療報酬は点数で定められていて、それを計算するのが医療事務の大切な業務になります。レセプトは全国共通ですし、転勤や転職でも大きな影響を受けることがありません。窓口で働いている方の中には、派遣で医療事務をしている方もいます。多様な働き方が出来るのが、医療事務講座を受けるメリットではないでしょうか。医療事務は女性の印象がありますが、近年は男性の方も増えています。これから先も安定した需要がありますし、狙い目の資格と言えます。総合病院は無論のこと、日本国内には医院がたくさんあります。それぞれに医療事務が必要ですし、未来は明るい職種です。

手を使った治療の資格

婦人

医療資格としてあん摩マッサージ指圧師があります。国家資格なので、所定の学校を卒業して受験資格を得、そのうえで国家試験に合格しないといけません。近い資格も一緒に学べる学校なら、複数の資格を一度に取得できます。