患者と病院のかけ渡し|女性に人気の医療事務講座で学ぶ|病院で働こう
本

女性に人気の医療事務講座で学ぶ|病院で働こう

患者と病院のかけ渡し

男女

患者や家族の相談を担当

病気になると病院で入院をします。治療を受けてその後に退院をするのが一般的な流れです。しかし、スムーズに退院まで行くわけではありません。病気を告げられた時は本人も家族も不安になります。病気の不安だけでなく、治療費に対する不安を持つこともあります。この時に相談に乗る人として医療ソーシャルワーカー資格を持っている人がいます。医療と付いていますが、どちらかと言えば福祉系の資格に近くなります。医学的な知識などは必要としません。医療ソーシャルワーカー資格を持つ人は、患者や家族から話を聞き、困っていること、悩んでいることへの対応をしていきます。また、それらを病院や看護師、医師などに伝える橋渡しも行います。必要な人材として注目されています。

社会福祉士が近い資格

ある仕事をするときに、国家資格が必要だったり有利になったりすることがあります。仕事がそのまま資格名になっていることもあれば、資格名だけが知られていることもあります。医療ソーシャルワーカー資格は、実際は国家資格などとしては存在しません。仕事としてはあるので、病院などで医療ソーシャルワーカー資格がある人と募集されることもあるでしょう。ではどんな人がなることが出来るかです。国家資格などではないので、基本的には何か資格を取らないといけないわけではありません。最も近いのが社会福祉士とされています。主に介護や福祉の現場で相談役として仕事をしている人です。こちらの資格を持っていると、病院などで採用されやすくなります。