社会人の再入学のメリット|女性に人気の医療事務講座で学ぶ|病院で働こう
本

女性に人気の医療事務講座で学ぶ|病院で働こう

社会人の再入学のメリット

男女

安定した雇用と収入の為に

臨床検査技師や看護師、救急救命士といった医療業界の人材を育成する専門学校は、高校卒業後の現役生だけでなく、医療業界への転職を目指す社会人やフリーターの人にも広く門戸を開いています。若者の雇用環境が安定していないこともあり、2014年に国の教育訓練給付金の額が拡充されました。従来の教育訓練給付金の上限10万円に加えて専門実践訓練給付金と教育訓練支援給付金が新設されました。厚生労働省が専門的かつ実践的な教育訓練として指定された講座は、所定の要件を満たせば最大で144万円の給付金と離職時の基本手当の日額に相当する額の半額が受講期間中にハローワークから支給されるようになりました。奨学金や教育ローンとは異なり返還する義務はありません。厚生労働省が指定した講座のある学校に入学すれば失業中でも学費の心配をすることなく、学ぶことができます。加えて看護師といった卒業後も安定した雇用と収入がある医療業界の人材を育成する学校で学べば就職の心配はありません。

充実した就職支援体制

社会人やフリーターに人気のある専門学校は、昼間部だけでなく夜間部も設けている学校も少なくありません。離職することなく仕事が終わった後に勉強ができます。また、転職する場合は即戦力が求められますから実践的な授業にウエイトをおく医療系専門学校は自信を持って仕事に臨めるよう、スキルや様々な資格の取得に力を入れてくれます。就職活動の支援も自己分析から作文能力やプレゼンテーション能力を高める講座を開いたり、ただ資格があるだけの人材ではなく就職活動を勝ち抜くための具体的なスキルを身につけるサポート体制が整っている学校も多いです。また、入職してからのギャップをなくすために、職場への見学や医療業界や施設の研究を行なう機会も多く設けているようです。また、実習先から実習中に働きぶりを買われて内定をもらう人もいるといいます。就職サポートに関しては大学よりもきめ細かいサポートをしてくれる専門学校が多いです。